妊娠・出産での黒ずみ・シミ・ニキビ跡をを白くきれいな肌に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌の美白を求められる方の中には、妊娠・出産などで出来てしまった黒ずみ・シミ・ニキビ跡を気にされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

笑顔の女性

 

女性は子供を産む過程でホルモンバランスが乱れ、その影響で肌荒れや黒ずみを引き起こしてしまう状況に立たされます。ただでさえ妊娠・出産でのストレスや食生活睡眠時間の乱れもある中、肌の状況まで気が回らない・気にしすぎて余計ストレスを感じる、といった場合もあるかと思われます。

妊娠・出産での黒ずみ・シミの原因としては、先程も述べたホルモンバランスの変化に伴い、メラニン細胞を活発にするプロゲステロン・エストロゲンが多く分泌されてしまいます。そのため、普段よりも黒ずみ・シミを作りやすい体質になってしまっているのです。

更にその状況で、休憩時間や座る時間が長くなれば、その体制で圧迫されている部位への刺激や摩擦が強くなり、より着色してしまうという流れです。そして、肌のターンオーバーのサイクルも乱れ、体重増加での負担から汗をかく事が増え、その汗の蒸れや刺激からニキビ・ニキビ跡に繋がるなど、肌トラブルが起こりやすい体質の時に肌トラブルを起こしてしまう行動をしなければならないのが妊娠・出産なのです。

では、出来る限り綺麗な肌で、黒ずみ・シミ・ニキビ跡などを作らず美白を保つためにはどのようにすれば良いかですが、まず出来る限り肌に対しての負担や刺激を減らしましょう。

サイズの合っていない下着や衣服の着用は摩擦を起こし、刺激になる可能性があるので自身のサイズに合ったものを選び、ゆったりした服を着用しましょう。

その上で、保湿や美白効果が含まれるケアクリームが販売されているので是非調べてみてください。ホルモンバランスの乱れに影響され弱った肌のターンオーバーを正常にしてくれ、保湿で肌のバリア機能を高め、美白で肌を白く綺麗に整えてくれます。

メラニンを含む古い角質が詰まってしまっている場合は、メラニンもしくは角質に効果があるクリームも販売されているので、黒ずみ・シミ・ニキビ跡など、どういった症状が多いかによって効果の強そうなクリームを使用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。