添加物・化学物質フリーの手作り化粧水で美白肌を手に入れよう

みなさんは普段どのようにして美白ケアをしているでしょうか?市場にはたくさんの美白ケア製品があふれていますよね、どれを使ったらいいか迷う方も多いと思います。私は産後から敏感肌になってしまい、使える化粧品が限られてしまいました。

なかなか良いものに出会えなかったとき、手作りでも化粧水が作れて、さらにアロマオイルを併用して使えば肌ケアはもちろん、美白効果さえ期待できるものを自分で作ることができるのを知りました。

さらにハンドメイドで作る化粧水は化学成分も添加物もフリーそのほとんどを天然素材で作ることができるのは、自然にもお肌にも優しいのは間違いないですよね!

さらに保湿成分の調節ができたり、化粧水に利用できるアロマオイルの種類はたくさんあるので一度作りかたを覚えてしまえば色々なレパートリーを長く楽しめると思います。

手作り化粧水

 

まず、美白肌の敵である、シミやくすみができる原因を探ってみましょう。

一つ目は、ご存じのとおり紫外線です。紫外線を受けることにより肌がメラニン色素を作り出しそれがシミやそばかすになります。

次に新陳代謝の低下です。肌のターンオーバーは28日間と言われています。つまり28日周期で新しい肌に生まれ変わるのです。それが新陳代謝が低下することで周期が遅れ、シミやくすみの原因であるメラニン色素が上手く排出されなくなるためです。

あとは、ニキビや日焼け、アトピーなどの炎症やホルモンバランスが原因で出来てしまうこともあります。これらの原因をなるべく排除していくことがもっとも大切なことかもしれません。

しかし、出来てしまったものはどうしたらいいのか?

ハンドメイド化粧水で使えて、美肌に効果のあるアロマオイルを紹介したいと思います。

・ターンオーバーの促進が期待できるアロマオイル
(ゼラニウム、カモミール、ミルラ、フランキンセンス、パチュリ等)

・肌を漂白する作用があるアロマオイル
(グレープフルーツ、レモン等)

・シミやそばかすの原因であるメラニンを抑える効果があるアロマオイル
(ローズマリー、アイリス等)

多くものがアロマオイルの中でも安価に揃えることができるので手軽に試してみることができます。

グレープフルーツや、レモンに関しては光毒性があるので使用後12時間くらいは紫外線を浴びないよう注意が必要です。

妊娠中の使用も直接肌につけるものの為、使用は控えましょう。

 

手作り化粧水の作り方

では、これらの中で使ってみたいアロマオイルがみつかったら早速化粧水を作ってみましょう!といっても作り方は超簡単です。

材料は精製水とグリセリンです。精製水は薬局で1本100円程度で購入できます。グリセリンも薬局で購入できますが、種類によって石油由来のものと、植物由来のものがあります。どちらでもまったく問題ありませんが、植物由来を好んで使う人の方が多いようです。

ただ私たちが普段、購入する市販の化粧水の多くにグリセリンが含まれてますが石油由来がほとんど
なので、本当にどちらでもよいとおもいます。

分量の目安は精製水100mlに対して、グリセリン5~10mlです。グリセリンが多いほどしっとり感が増すので、その時々のお肌の調子に合わせて配合しましょう。

そこにお好みのアロマオイルを10滴ほど垂らせば完成です。10滴の範囲であれば、何種類かのオイルをブレンドすることも可能です。

いかがでしたでしょうか?意外に簡単で驚かれた方も多いのではないでしょうか?

コストパフォーマンスもすばらしいので節約にもなりますよ。ぜひみなさんも手作り化粧水で、美肌を手に入れてくださいね。

自分にあったスキンケアを見つけることが一番大事

スキンケアは今や男女、老若問わず習慣になっていると思います。一概にスキンケアといっても洗顔料、化粧水、乳液、保湿クリーム等様々ですので一つにまとめるのは難しい、なのでそれらを購入する手段について記します。

薬局、バラエティストア同じ商品があちらこちらで販売されている中、リピートしている物があり、今現在肌に合っているのなら問題ないのです。

ですが自分はどの肌質なのだろうかと疑問に感じ、店頭で迷ってしまう場合に化粧品売り場ではカウンセリングスタッフの方々がいらっしゃり、アドバイスしてくれると考えます。

勿論、アドバイスによって頼れるスキンケア商品が見つかったと安心する方々も多くいると思いますが、そうでない方も沢山いらっしゃると思うのです。

言い方を変えれば、スタッフの方は赤の他人で自分の全てを知ってくれている訳ではないのに、親しいような感じで話し掛けて来ます。

当然商品を販売する事を仕事にしていますので、話し方も勧め方もとても上手です。

しかしお勧めされた商品を購入し、帰宅し、いざお風呂上がりに使ってみると、もしかして肌に合わないと感じたとしても誰も責任は取ってくれないのです。

ちょっと待った

 

自分の肌は自分で守ろう良い結果を招く可能性も

先程記した事に対してどうしてくれるの、お金を返して欲しいなどと言うお客様、悲しくも現実にいると耳にしたことがあります。

そういう意見が駄目、スタッフの方に頼っては駄目という話ではなく、スキンケア商品で迷ってしまったら、まず自分で売られている商品と睨めっこしてでも、考えるという事が大切だと感じます。

例えば、使っていた化粧水を付けると肌が痛い、赤くなってしまうなどがあれば乾燥または敏感肌、きっとこのくらいは大人なら認識するはずです。

考えに考て購入した化粧水なのに、使ってみたら全然合わなかったと悔しい思いもするかもしれませんが、失敗を重ね将来的にこれだ、と思う商品に出会えたら喜びが半端ないと思います。

大袈裟かもしれませんが、スキンケア全体はその方の人生でもあります。

肌はとても大事、見た目も大事、合わなかったら人生楽しくない、嬉しくないけれど、もし肌状態が良くなればそれだけで良い人生かもしれない、と感じるのが人間の感情かもしれないです。

長々しくなってしまいましたが、時に誰かに頼るスキンケアも良いけれど、自分の力で探し出したと胸を張って言えるスキンケアで、喜びを感じてみてはいかがでしょうか、もしかしたら気持ちの問題で素肌が明るくなる可能性も無いとは言えないのです。

肌は感情に正直ですので、結構単純はものだと私は思っております。

 

実体験から思うピーリングの目的と注意点

私はいわゆる「乾燥性敏感肌」です。一番ケアのしにくい厄介な肌質の持ち主です。敏感であるために、気になった商品のサンプルを使ってみた翌日の肌がただれたように真っ赤になっていた、なんていうことはよくありました。

自分がこれまでのスキンケアでやってみて失敗だったなと思うことは、自分の肌質についてよく理解しないままネットや口コミで良い、とされていることを手当たり次第にチャレンジしてみたことです。その代表格が「ピーリング」。これは肌のざらつきを解消したりスキンケアの浸透を良くさせるために行うとされていますが、私のような敏感肌のタイプの方にとっては必ずしも良いとは言えないのです。実際に私はピーリングをしすぎたために肌は赤く乾燥もひどくなり、ときにはヒリヒリすることも。

肌は場所によって皮脂の出やすいところとそうでないところが混在していますので、皮脂が出やすく汚れなどがたまりやすいところにはピーリングを施すことで角質ケアが効果的にもなります。一方で頬の高いところなどは、紫外線にも当たりやすくまた皮膚が薄いところでもあるので、やりすぎると肌が痛むため、注意が必要です。

ピーリングをするのに、目の周りや口の周りまでする人は少ないかもしれませんが、こちらの箇所も大変皮膚が薄いので日ごろのスキンケアでは最も慎重になるべき箇所です。ピーリングはそもそも溜まった角質の除去が目的なので、角質の溜まらない目、口の周りはする必要がないということも当然ながら知っておく必要があるでしょう。